ブログトップ

5:9 gradi luci

gradiluci.exblog.jp

〈食・美術・音楽〉10月31日(月)〜2012年3月初旬/広島県立美術館 食とアートと音楽と

旬遊さんの企画で、こんな素敵なものがありますよ!
5店舗中、3店舗はとてもとてもお世話になっているお店でして。
先日も「TAILLA」さんにワインを食しにいった時にこの話に。
ぜひ皆様、ご予約いかがですか?

旬遊より、以下抜粋


広島県、および広島県立美術館では、10月31日(月)より2012年3月初旬にかけて、「食とアートと音楽と」と題するイベントを下記の要領で実施いたします。
イベント前期(10月31日〜11月29日)は、週1回のペースで開催し、アートと音楽を楽しみながら、広島で人気のイタリアンシェフの料理を味わっていただきます。

イベント実施日は、17時30分に美術館に集合、学芸員がイベント参加者のために展示物を案内しながらのギャラリートークを約45分にわたって行います(別途所定の入館料が必要となります)。

そのあと館内レストラン「ラ シガール」にご案内し、スパークリングワインなどの食前酒を飲みながら、音楽の生演奏を堪能していただきます。19時頃からお食事を開始し、デザートタイムに入ったところで再び生演奏を楽しんでいただきます。「五感で愉しむ」広島県立美術館初の試みとなります。


イベント実施日(前期・イタリア料理特集)

10月31日(月)17時30分〜完売しました
ギャラリートーク/特別展「ウクライナの至宝 スキタイ黄金美術の煌き」
担当シェフ/アユート! オーナーシェフ・村井宏治
音楽演奏/広島交響楽団弦楽四重奏
参加費/6150円(ディナーチケット5250円、入館料900円)

11月7日(月)17時30分〜
ギャラリートーク/特別展「ウクライナの至宝 スキタイ黄金美術の煌き」
担当シェフ/ラ・セッテ オーナーシェフ・北村英紀
音楽演奏/ピアノソロ 遠藤さつき ショパン名曲集
参加費/6150円(ディナーチケット5250円、入館料900円)

11月17日(木)17時30分〜
ギャラリートーク/所蔵作品展「没後100年 広島洋画界の先達・小林千古」
担当シェフ/ラ・コッチネッラ オーナーシェフ・佐々木一彰
音楽演奏/ジャズ 折重由美子(ピアノ)、前田順三(ベース)
参加費/5750円(ディナーチケット5250円、入館料500円)

11月24日(木)17時30分〜
ギャラリートーク/所蔵作品展「深まりゆく秋」
担当シェフ/イプシロン オーナーシェフ・白木祐次
音楽演奏/ジャズ 小田原政広(ギター)、前田順三(ベース)
参加費/5750円(ディナーチケット5250円、入館料500円)

11月29日(火)17時30分〜
ギャラリートーク/特別展「抱きしめたい!近代日本の木彫展」
担当シェフ/タイラ オーナーシェフ・原田 平
音楽演奏/ピアノソロ(演奏者未定)
参加費/6050円(ディナーチケット5250円、入館料800円)

※飲み物代(ワイン、ビール、ソフトドリンクなど)は別途となります。

チケット予約
チケットはすべて前売制で、各回限定30枚となっています。席数が限られておりますので、ご予約はお早めにお願いします。
現在、「食とアートと音楽と」〈イタリア料理特集〉のチケット予約を受付けております。受付時間は9時から17時まで。電話のみでの受付となっていますので、ご了承ください。

予約受付先
電話 082-221-6246(広島県立美術館 9時〜17時)

諸注意事項
年齢制限/本イベント「食とアートと音楽と」には、18歳未満の方はご参加いただけません。ご了承ください。
服装/特に厳しいドレスコードは設けていませんが、男性はジャケットの着用をお願いします。素敵な夕べをすごしていただくために、男女ともお洒落をしてご参加ください。

今後、このページでは、各シェフの当日メニュー等、関連情報をアップしていく予定です。よろしくお願いいたします。

問合せ/広島県立美術館
電話/082-221-6246
旬遊編集長 杉川雄一
[PR]
by 59gradiluci | 2011-10-13 11:30 | イベント情報
<< olioli×nico×5:9... 9月25日から10月3日までの... >>