ブログトップ

5:9 gradi luci

gradiluci.exblog.jp

クッキングスクール イタリア料理教室のテーブルでワイン7月

7月のこと。
とあるイタリア料理の教室にいかれているお友達が多く、いつか行ってみたい!と思い続けて月曜日が別の教室に通っていたために断念していた2年前。
今の仕事をするようになってさらに知り合ったお友達にも「イタリア好きならぜひ!」と声をかけていただいていて聞くと同じイタリア料理教室でした。

さらに、とある場所をきっかけに教室に通いだす前にその先生と知り合ってしまっていた事実。

「いつか繋がるようになっていたのだ」と思う出来事があった春。
この7月に、見学会に行ってきた写真を掲載しますね。

場所は県民文化センター横手にある専門学校の中の一室。
雰囲気は店舗ではないのですが、設備はさすが学校です。便利にできている教室の中で、イタリア料理を毎回2品+デザート(これは先生のお手製です)+ワインや珈琲やティーなブラッドオレンジなど。

だだっとご紹介します。
d0160488_330386.jpg
こちらが小西先生です。
お茶目でお洒落。そして丁寧な仕事。
あたしはお友達と3人でみんなの作業を見ながら見学。
見学者の料理は先生が作ってくれました。

今回のメニューは
●ファッロ麦を詰めた水イカのオリーブ風味
●ジャガイモのケッパー風味
●木イチゴムースのケーキ


1品目
d0160488_3341721.jpg

ジャガイモを茹で。
d0160488_3344856.jpg
完成。はやいっ!和えるのはローズマリーとケッパー、そしてオーガニックオリーブオイルをたっぷりと。ニンニクとはちみつもアクセント。
「ジャガイモのケッパー風味」
簡単にできて一手間かけたように見える所に魅力を感じます。
事実、このあと何度もつくっちゃいました。しかも朝につくって、昼にスタッフと食べる。
さめてもウマウマ、良いメニュー、教えていただきました。

今回はもう1つの品が時間がかかるため、1つを簡単なものにしたそうですよ。
さて、2品目に。
d0160488_3404880.jpg

こちらがどのように変化するのか。
d0160488_3411934.jpg

いい匂いがすでにしてきた教室内
d0160488_3422862.jpg

水イカと麦をつかった料理。
水イカ以外はにんにく、オリーブの実、アンチョビ、タマネギ、麦、セロリ、イタリアンパセリなど。いためたものを水イカの中に詰めていきます。
d0160488_3443722.jpg

d0160488_3451274.jpg

イタリアンパセリを投入。
d0160488_3455021.jpg

このソースがとってもとっても美味。
空腹MAX
d0160488_347293.jpg

盛りつけを完成させた頃にワインをあけていく先生。
作りながら飲むのも好きですが、このおあずけ感もそこそこ興奮して嫌いじゃないです。
d0160488_3491485.jpg

テーブルセッティングに
d0160488_3495912.jpg

d0160488_3503638.jpg
d0160488_3501710.jpg
お皿をかえるだけでイメージが変わるのも楽しめますし、雰囲気もよりアップ。
d0160488_3513797.jpg

パンも添えて乾杯、そして宴に
d0160488_352945.jpg

今宵、いえ、今朝のワインはこちらでした。(第2月曜日の朝10時半〜12時半頃のため)
d0160488_356952.jpg

そして先生のお手製ケーキも登場です。今回は木イチゴのケーキ。
d0160488_3564381.jpg

これでドリンクも付いて、楽しい人達とのおしゃべりも付いて、4千円台(正確なのを忘れました)
ゆったりできますよ。
夜はさらにお酒が増えるとか増えないとか!?!?

1度、見学されてみてはいかがですか?
とても素敵な素敵な先生です。
細かく教えていただけますよ。
クリスマスシーズンはキャンドルを持参していこうかな(笑)

つづけてイタリア料理教室8月と9月もお送りします。

【広島ファッション専門学校】この中にあります。
広島クッキングスクールを併設しています。 
〒730-0051 広島市中区大手町1-4-8 
TEL/082-247-7121 FAX/082-247-7123

第2月曜日 10:30~12:30
第2月曜日 18:30~20:30
第4月曜日 18:30~20:30

■受講料
月額   月1回コース 4,410円

このクッキングスクールには他にも和食・家庭料理・お菓子の教室もあります。
いえいえ、皆様、イタリア料理、いかがですか?
[PR]
by 59gradiluci | 2011-09-21 04:10 | 日々ゴト、セイカツゴト
<< クッキングスクール イタリア料... 小田康平×藤川稔『二人の男の植... >>